スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

7/19 不死鳥伝説が終わる…?

1989年、桐生競艇場で一人の若手選手が大怪我をしました。顔面をプロペラが直撃し、再起も危ぶまれるような怪我をした彼は、救助艇に乗せられたときこう言ったそうです
「今のレース、スタートは大丈夫でしたか?」

75針も縫った大怪我を克服し、彼は復帰できることになりました。そして彼は自ら斡旋科(選手がどこのレースに出るか決めるところ)にリクエストをして、復帰戦に桐生競艇場を選びました。

その後彼はどんどん実力をあげ、1993年、戸田・総理大臣杯でSG初優勝。
1995年、住ノ江・賞金王決定戦で、中道善博と3周2マークまでトップを争う、今でも語り草となっているレースの末、初めての賞金王優勝。
2002年には、若松・オーシャンカップ、津・チャレンジカップ、住ノ江・賞金王決定戦の3つのSGを制し、公営競技では初めてとなる年間獲得賞金2億円を達成。
現在までに10回のSG優勝を成し遂げ、そのうち賞金王決定戦優勝3回。8大SGのうちモーターボート記念を除く7つのSGを制覇。生涯獲得賞金は22億円を超えます。

あまりの強さについた呼び名が、「不死鳥」、そして「艇王」。

2005年の常滑・笹川賞優勝以降はやや調子を落とし、2005年の賞金王決定戦では2日目負傷帰郷。2006年は賞金ランキング14位で決定戦メンバー漏れ。もう彼はだめか、と言われました

しかし2007年、平和島・総理杯で彼は予選をトップで通過し、2005年の笹川賞以来となる、久々のSG優勝戦1号艇を獲得。圧倒的な1番人気を集め、艇王復活をかけて挑んだ優勝戦。

しかし結果は、わずか0.01秒のフライングでした

規定により、彼はしばらく表舞台から姿を消すことになりました。現在は一般戦ばかりの出場。しかし、来年の笹川賞での復帰をファンは心待ちにしています。その笹川賞の舞台も平和島に決まり、不死鳥伝説の続きが始まるのにふさわしい舞台になるはずだったのです


彼の名は植木通彦。間違いなく、現在の競艇界の顔です。


その、植木が………

引退するってまじですか?!!

今日大学から帰ろうとして、東京メトロのキヨスクみたいなところに、スポーツ新聞の見出しみたいなのだけ書いた紙がぶらさがってるじゃないですか。あれに、デイリースポーツだったかな、艇王植木引退って出てるから、もうねー正直わが目を疑ったね。
ああいうのってでも、こないだも確か、清原が「もう俺だめかも」みたいな弱音を吐いただけで「清原引退!」って大げさに書くくらいだし、まだ家に帰って調べてみないと分からん、と思ってたんだけどもどうやら本当らしい…? 明日記者会見するんだそうで。

わざわざ平和島が笹川賞に立候補したりしてるのに…まだ39歳でしょ、競艇界では中堅ですよまだまだ。フライングの影響ももちろんあったでしょうが…SGに出られないのが苦痛というなら、笹川賞まで待てばいいわけで。ファン投票だし、A1級にいさえすれば選ばれないはずがないですし。
体がぼろぼろ、なんでしょうが…やはり理由はこれか??

植木には植木なりの美学があるのでしょう…まずは記者会見を待ちましょうか。

2007-07-20 : BOAT RACE : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

植草さんみたく痴漢でもしたのかと思った
2007-07-20 13:14 : あおい URL : 編集
痴漢で逮捕?って続くのかって書こうと思ったら先越されてるじゃないか!
2007-07-21 01:00 : しn URL : 編集
おまいら廊下立ってなさい。
2007-07-21 01:37 : Zoffy URL : 編集
ホントに廊下に立ってろ
2007-07-21 02:42 : じょか URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Zoffy

Author:Zoffy
AlvitrサーバーROプレイヤーでした。

お世話になった方々に感謝!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。