スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

10/31 WOW WOW DYNA

ウルトラマン批評家を(勝手に)名乗っているわけですが、ウルトラマンの採点ポイントがようやくまとまってきました。
まとまってきた…って、一体自分は何を考えていたんでしょうかね? まあウルトラマンの何を具体的にどう評価すればいいのかいまいち分からなかったんですよ。

脚本、演出、展開、設定の4つが基本で、これに登場キャラクターがついでに加わる感じかな?
これで評価すればきっとウルトラマンの格付けができるんじゃないかと思います
もちろん人によって評価は違いますけどね、それにどの項目を重視するかである程度好き嫌いがわかるんじゃないでしょうかねぇ。

ってことで、独断と偏見によるゾフィー的ウルトラマン格付け!
ちなみにコスモス・ネクサス・マックスはほぼ見たことがないので評価対象外です。ネオスとか平成セブンとかGとかパワードあたりもなしね。ザ・ウルトラマン? USA? なんですかそれは。ゼアスなにそれ? ハヌマーン? おまえはタイに帰れ!!!!


脚本がすごいウルトラマン

1位・ウルトラマンダイナ
2位・ウルトラセブン
3位・ウルトラマンティガ
ワースト1位・ウルトラマン80

僕が一番重視するポイントはこれ、脚本。話そのものがおもしろくなければ見ていてもつまらないはず。
そして1位は最近お気に入りのダイナ。
2位のセブンとあわせて、どちらも危機感の煽り方がうまい。「誰かが人質にとられた、作戦を失敗すれば地球滅亡、さあどうする!」みたいなハラハラ感があるんですよね~どちらも。
特にダイナはウルトラマンの中でもっとも宇宙空間での戦いが多かった作品。月や火星はおろか、金星や木星衛星のガニメデでの戦闘があります。宇宙空間というのは人間にとってはいわば死の空間ですからね。一歩間違えば即死亡、これがハラハラせずにいられるか。
特に第41話「ぼくたちの地球が見たい」、この話はよかったなー。
賛否両論の最終章I~III、あれもよかったと思うな。ウルトラ史上最大の敵、そしてウルトラシリーズ唯一のバッドエンド(いや地球は守られたんだけどね)。
最も楽しく最も悲しい、それがウルトラマンダイナだと思います。つるの剛士、なかなかあなどれん。

セブンは登場する宇宙人との頭脳戦や、ウルトラ警備隊の作戦・行動など見所は多いはず。大人になって初めて分かる魅力がセブンにはあります。実際子どもにはうけなかったみたいだし。
ティガは神作品と言われるだけあって完成度が高い。平成ウルトラマンの礎を築いたウルトラマンにふさわしく、シンプルでかつ奥深いつくりになってたと思います。

そしてワースト1の80。脚本が悪いウルトラマンなんてそうそうないんだけどあえてあげるとすれば80しかないかな。
いや80だって最初はよかったんだよ。ウルトラマンが中学校の教師だなんて斬新じゃないか。個性あふれる教え子たちとのすったもんだに絡む怪獣…いい話だと思うよ。
ただ後半が…ね。あんまり見たことはないんだけどとにかくむちゃくちゃでぶっとんでた気がしますw
どうせならタロウみたいに最初から最後までぶっ飛び続けていればよかったのに。

2008-10-31 : ウルトラマン : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

あれ・・・USAは?
2008-11-02 05:35 : 山羊 URL : 編集
アニメは知りません。
2008-11-02 21:11 : Zoffy URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Zoffy

Author:Zoffy
AlvitrサーバーROプレイヤーでした。

お世話になった方々に感謝!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。