スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

11/30 今年も残すところ1ヶ月…

競艇王チャレンジカップ優勝戦、勝ったのは1号艇坪井康晴でしたー。
浜名湖のSG優勝戦1号艇という、2年前のグランドチャンピオン決定戦と同じ条件。今度は危なげない完璧なイン逃げでしたね。SG2勝目。
2着は6号艇吉川、3着は4号艇田中でした。

やはり、85期より82期の方がすごいと思っている自分の意見は正しいのではないだろうか…? 今回の優勝戦だって坪井・作間・赤岩と3人出てるんだよ。


さーて、これで賞金王の出場者はどうなったのだろう。1着坪井2着吉川という、きのう指摘したとおりの着順になったので、ひょっとして中島孝平セーフか? 3着になった田中か、中島かのどちらかでしょう。
あ、ってことは魚谷出場確定?! あーよかったー。


--23:40追記--

賞金王決定戦出場者が決定したようですよ!

松井繁・坪井康晴・今垣光太郎・吉川元浩
湯川浩司・井口佳典・濱野谷憲吾・瓜生正義
丸岡正典・白井英治・魚谷智之・赤岩善生


まさかの赤岩善生?! チャレカ3着だった田中信一郎ではなく、4着の赤岩善生が滑り込みました。12位の赤岩と13位の田中との賞金の差は45万円程度。一般人には大金でも競艇の獲得賞金としてはほんっとに微々たる差です。これは田中悔しいだろうなあ。12位だった中島孝平もやはり落選。13位が田中、14位が中島、15位が笠原、16位寺田祥、17位原田幸哉、18位は菊地孝平。

なんにしても、魚谷も残ったことだしこれはなかなか興味深い顔ぶれ。初出場は丸岡白井赤岩の3人ですが、いずれも実力者。特に丸岡はダービー、赤岩は賞金王シリーズを制しています。
湯川・井口の85期コンビも昨年のリベンジなるか。丸岡も85期3人目としてくらいつきたいところ。
王者松井、ディフェンディングチャンピオン吉川、昨年MVP魚谷、光帝・今垣も当然優勝候補だし、濱野谷と瓜生はそろそろ賞金王のタイトルが欲しいでしょう。チャレカ優勝の坪井は連覇なるでしょうか。

あー楽しみだ!
2008-11-30 : BOAT RACE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Zoffy

Author:Zoffy
AlvitrサーバーROプレイヤーでした。

お世話になった方々に感謝!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。